川の流れのようなチラシの裏
にちゃんねるのこと、パソコンのこと、プログラミングのこと、(・∀・)mmo!のこと、、、、などなど。 日記みたいに書くこともあるし、思ったことをいきなり書くこともある。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサー広告スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
未分類エスカレーターで片方を空けるのはやめよう
今日、駅の混んだエスカレーターの入り口で列に並んでいたときに、ある人が、エスカレータの右側に乗ったのに、歩いて上りません。関東では、右側は歩いて上る人用に空けるのが普通です。
すると、後ろに並んでいた人が続々とその人の後ろに続いて乗っていき、エスカレータの入り口の渋滞はすぐに解消してしまいました。
1段に2人乗れるエスカレーターの片方を空けておくことがマナー?として定着しているようです。
片方を空けておけば、急ぐ人は歩いて上れますからね。
どちらを空けるかは、地域によって違うようで、関東では右、関西では左を空けるようです。

ところが、片方を空けることで、エスカレーターの入り口の渋滞がひどくなるんですね。言い換えると、エスカレーターに乗るまでの時間が増えます。



歩かない側をA側、歩く側をB側としましょう。

A側は、入り口が渋滞しているエスカレーターではほぼ常に、1段も空けずに乗ります。A側は需要を満たしていますし、逆に言えば需要があふれているのでエスカレーターの入り口が渋滞しているといえるでしょう。
ところが、エスカレーターの入り口が渋滞してても、B側ってたいていがらがらです。歩いて上りたいと思う人は少ないのです。
いくらA側の需要があふれていても、あいているB側にはあまり回りません。
これは個人的な観測ですが、B側は本来の半分も人が乗ってません。

2つある通路の片方を、人気のない通路にしてしまうわけですから、入り口の渋滞は悪化するに決まってます。

今度写真を撮ってきて、この記事を分かりやすくしようと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。