川の流れのようなチラシの裏
にちゃんねるのこと、パソコンのこと、プログラミングのこと、(・∀・)mmo!のこと、、、、などなど。 日記みたいに書くこともあるし、思ったことをいきなり書くこともある。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサー広告スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
音楽好きな曲・アーティスト紹介【1】 Anthem (Vangelis)
記念すべき!?第1回は、VangelisのAnthemです。

画像はアマゾソに直リンク(汗
ソニーミュージック(試聴可)|Amazon.co.jp(日本盤)(イギリス盤)(アソシエイトではないです)

この曲は2002年のFIFA日韓ワールドカップの公式アンセムでした。テレビの中継やニュース、あるいはスタジアムで聴いた人も多いのではないでしょうか?
私もワールドカップ関係の番組で初めて耳にしました。
一番気に入ったのは、最初のメロディーですね。ここの一番最初に流れてくるメロディーです。

Amazon.co.jpに、興味深いレビューがありました。

大抵、この手のイベント・ソングは、時の流れとともに、忘れ去られていく運命にある。しかし、この曲を忘れてしまっては、アジア人として、日本人としてちょっと悲しい。

誰もが胸を熱くしたあの旋律、あれはまさしく「アリラン」を引用した、韓国風のものである。そこに日本の太鼓を加えて、壮大なテーマに仕立てた所が、ヴァンゲリスの凄さである。

イベントのテーマと無関係な曲を作る作曲家が多い中で、彼はきちんと日韓の音楽を調査し、我々の心をゆさぶる音楽を作ってくれたのだ。その事に対する感謝の気持ちを、忘れたくない。

なお、CDを買うときは、輸入版のほうがお勧めです。日本版は2曲しか入ってませんが、輸入版はJS Remixと石野卓球 Remixも含めた4曲が入っています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。