川の流れのようなチラシの裏
にちゃんねるのこと、パソコンのこと、プログラミングのこと、(・∀・)mmo!のこと、、、、などなど。 日記みたいに書くこともあるし、思ったことをいきなり書くこともある。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサー広告スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
未分類リンクの問題
mmo!の晒しスレで話題になってる、リンクに関する話です。(・∀・)mmo!Blogのリンク集にさまざまなブログが集められて、話題になりました。
リンクについてはケースバイケースですので、一概に(自分の中の)基準を決めることはできないでいます。

基本姿勢は、リンクフリー。許可を得る必要はない。リンクに許可と言う概念が例外。法律的にリンクは自由というのは当然。マナーという点でも、「リンクは自由」の概念が当たり前になって欲しい。
基本姿勢はこれです。

公共性の高いサイトなら、このルールです。公共性の高いサイトとは、一般企業のサイト、官公庁のサイト、どう考えても広く一般に見てもらうのが目的のサイト、などなど。こういうサイトはオープンであるのは当然です。読売新聞のリンクポリシーとか朝日新聞のリンクポリシーとか、守るつもりは一切ないです。ただ、「読むつもりはない」とは違いますがね。名誉毀損などに対する相手の考え方を読み取る材料ですので。詳細は後述。
んで、個人サイト。難しいですね。私とリンクについて考え方が違う人もいますので。「法律的にOKだから」と単純に考えたりしません。人間関係ですからね。相手と自分との関係、リンクする価値、リンクする理由などを総合的に考えて判断するしかないです。ただBlogは、公共性が比較的高いと考えます。
んで、相手への連絡ですけど、「リンクを許可してください」(許諾請求)か「リンクをしました」(通告)か、連絡をしないか、これもケースバイケース。

さて、ここまで「リンク」とひとまとめにしましたが、リンクする物で問題になることも。

リンク先がページではない場合。相手先のサイトの公共性、そのファイルが相手サイトでどう使われてるか、などなどで判断。例えば、私は素材集サイトや壁紙サイトの画像にリンクしたりはしません。
imgタグなどによる画像表示。観点のひとつとして、この行為が著作権に引っかかるかどうかわかりませんが、著作権に引っかかると仮定して判断します。また、相手のサーバーにかかる負荷も考慮します。
フレーム、インラインフレームによる表示。やりません。

次に、名誉毀損云々の話。「リンクが自由である」というのは、「リンクとは、基本的には対象のWebサイトのURIを教える行為に過ぎない」ことに立脚しています。「教え方」が問題になる場合があります。
相手の名誉を傷つける記述しながらリンクはまずいですね。「リンクは自由」だからって名誉毀損していいわけないです。
入るためのID・パスワードを載せてリンク。話にならないですね。URIは公開されたもの(public)、IDパスワードは非公開のもの(private)です。てか不正アクセス禁止法に引っかかると思う。

最後に。この記事に書かれた私の考え方は、予告無く変更される可能性があります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBを頂いたので記事を読ませてもらいました。
「公共性」というポイントは私にとっては興味深い部分でしたね。
リンクというのはやはり、複雑ですね。

2005/06/18(土) 20:37:35 | URL | lan #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。